税金について考える

Pocket

家を売った場合必ず確定申告をしましょう。これは家を売ったときに利益が出た人だけではなく、損失が出た人も該当します。損失の場合には税金を支払う必要はありませんが、確定申告をすることでその分の税金を減らすことができるのでしておきたいところです。

確定申告利益、損失どちらになっているかは実際に計算して判断をする必要があります。計算としては家を買ったときの「購入価格」と買った際に支払う「取得費」と売るときにかかった費用である「譲渡費用」を足しましょう。その足した合計を売却した価格で差し引いたのが実際に手に入った利益である「譲渡所得」になります。

ここで計算結果がプラスになり利益が出た方でも3000万以下の場合、特定の条件を満たしていれば控除されて支払う必要がありません

家を売った後は必ず確定申告が必要ですし、購入金額より売却金額が高かったなど利益が出た場合は譲渡所得税が発生し、税金を払うことになります。この税金に関しても3000万円の特別控除や、軽減税率の特例などがあり、自分で申請する必要があります。

この条件に関しては国税庁の特例欄に掲載されていますので確認しておくといいでしょう。

損失が出た場合もその年の確定申告に限らず以後3年間に繰り越して控除することが可能です。家の売買で動く金額は高額になるためかなりの減額を期待することができます。これを利用しないのは損になってしまうので損失が出たときも活用しましょう。

家を売る際にはさまざまなケースがあるため、どう当て嵌まるか分からないケースも出てきます。この場合は実際に売買を依頼する不動産業者にアドバイスをもらいましょう。


関連記事

家を売る時にやること

Pocket

家は人生で一番高い買い物ですが、一方で家族がなくなり住んでいた家を手放す等の理由で家を売るときも出てくるでしょう。家を買う時も簡単ではないように家を売るときも決して簡単ではありません。買うときと同じく不動産業者と相談、買い手がいる場合は買い手とも相談していく必要があります。

家とクローバーしかし本当に重要なのは家を売るときではなく、家を売った後の対応です。家を売ったらそれで終わりというわけではなく売ったことによってやらなければいけないことが出てきます。そのため売る前に売った後は何をしなくてはいけないのか理解しておく必要があります。見方を変えると理解せずに家を売る行為をしてはいけないといえるのです。

売ることになった家が住んでいたところであった場合は当然新しい住居を探すことになります。売った時点で住めなくなるため新しい住居がないと住むところがなくなってしまうのです。しかしこれに関しては家がなくなるという直接的な変化があるためやるべきこととして忘れることはないでしょう。問題は家探しではなく別のところにあります。

やるべき、考えるべきことの一つとして挙げられるのが税金の問題です。家を売ると売却した分の利益を得るためその分の確定申告をしなければいけません。しかし税金に関しては単に売却した利益を考えるだけではないのです。もう一つはローンと保険に関しての話であり、ローンはケースにもよりますが保険は家を持っていた以上、必ず考える必要があります。やるべきことを理解してトラブルが起きないように立ち回りましょう。