Pocket

家を売った場合必ず確定申告をしましょう。これは家を売ったときに利益が出た人だけではなく、損失が出た人も該当します。損失の場合には税金を支払う必要はありませんが、確定申告をすることでその分の税金を減らすことができるのでしておきたいところです。

確定申告利益、損失どちらになっているかは実際に計算して判断をする必要があります。計算としては家を買ったときの「購入価格」と買った際に支払う「取得費」と売るときにかかった費用である「譲渡費用」を足しましょう。その足した合計を売却した価格で差し引いたのが実際に手に入った利益である「譲渡所得」になります。

ここで計算結果がプラスになり利益が出た方でも3000万以下の場合、特定の条件を満たしていれば控除されて支払う必要がありません

家を売った後は必ず確定申告が必要ですし、購入金額より売却金額が高かったなど利益が出た場合は譲渡所得税が発生し、税金を払うことになります。この税金に関しても3000万円の特別控除や、軽減税率の特例などがあり、自分で申請する必要があります。

この条件に関しては国税庁の特例欄に掲載されていますので確認しておくといいでしょう。

損失が出た場合もその年の確定申告に限らず以後3年間に繰り越して控除することが可能です。家の売買で動く金額は高額になるためかなりの減額を期待することができます。これを利用しないのは損になってしまうので損失が出たときも活用しましょう。

家を売る際にはさまざまなケースがあるため、どう当て嵌まるか分からないケースも出てきます。この場合は実際に売買を依頼する不動産業者にアドバイスをもらいましょう。


関連記事