Pocket

女の子家を買うときに住宅ローンを利用して購入した方も少なくないでしょう。家を売るときにローンが残っていても売ることは可能になっています。家を売却したときの利益がそのままローンの返済に充てられるからです。しかし問題は売却した利益でローンを返済しきれない場合にあります。

ローンを返済しきれない場合は残額を自力で返済しなければいけません。資産の残りによっては住み替え、買い替えローンを利用することになります。他には任意売却として家の売却を不動産に任せ、そのあとに自分達で返済していく方法もあるのです。
しかしどちらもローンによる信用がなくなるデメリットがあるためできれば利用する境遇になるのは避けましょう。一括でローン返済できるのを目指すためできるだけ家を高額で売却できるようにするのがいいです。

住宅ローンを利用して家を購入した場合、必ず火災保険に加入しているでしょう。しかし加入は必ずでも解約は必ずではなく、家を売ったあとでも解約していないと「存在しない家」に対する保険料を支払う羽目になってしまいます。家を売ったあとは必ず火災保険の解約手続きを行いましょう。地震保険に入っている場合も同様です。

保険解約に関しては必ず家を売ったあとにやりましょう。家が完全に他の人間に渡るまで事故が起きないとは限らないからです。


関連記事